アフターピルの種類

アフターピル

アフターピルを服用するにあたり服用には大きく分けて2種類の方法があります。ヤッペ法とノルレボ法というものです。

2種類の服用法

・ヤッペ法とは

性交直後からアフターピルを72時間以内に服用します。服用した12時間後に再度アフターピル服用し避妊をする方法です。

副作用として吐き気や嘔吐の症状が出る場合があります。

個人差はありますが2回目の服用で症状が出ることが多いです。

服用して2時間以内に嘔吐してしまった場合は、お薬の成分が体に吸収されない可能性が高いのでもう一度服用してほうがいいでしょう。

 

・ノルレボ法とは

アフターピルの服用として新たに開発された方法です。性交直後からアフターピルを72時間以内に1回のみの服用で避妊してくれます。

ヤッペ法に比べると服用も1回と簡単で、副作用による吐き気や嘔吐も少ないことで知られています。

上記のようにアフターピルでも2種類の飲み方がありますが、勘違いしてはいけないのがノルレボ法も少なからず副作用はあります。

 

副作用の原因

アフターピルの副作用がきてる女性どのお薬にも少なからず副作用があります。風邪薬でも眠気や頭がボーっとしたり酷い人は吐き気を訴えたりすることがあると思います。それと同様にアフターピルにも副作用があります。アフターピルの副作用の原因は、女性ホルモンを乱れさせることで起こります。

アフターピルはホルモン剤の一種です。正常なホルモンバランスにアフターピルの有功成分であるプロゲステロン(妊娠中に大量に出るホルモン)を体に投与されることで、脳は一時的に妊娠をしたと勘違いを起こし排卵を停止しこれ以上の妊娠をさせないように制御することによって避妊をさせないのです。でもこれはあくまで一時的なものなので正常の生理周期がくる女性は3ヶ月で元の周期にもどります。

普通の妊娠の場合は時間をかけてホルモンも変化してきますが、アフターピルは急激に行うために副作用が起こりやすくなるということなのです。