充分な説明

矯正歯科治療に限らず、医療というものは医師と患者との間にコンタクトが取れていないとうまくいかないものです。なので、歯科医師を選ぶ際にはコミュニケーション能力はもちろんのこと、医師がインフォームドコンセントに力を入れているかどうかも確認しておく必要はあると思います。 インフォームドコンセントとは「説明と同意」という意味を持ちます。この「説明」とは治療法によるメリットとデメリットのことを指しているものと考えてください。治療にはメリットがあればデメリットもあり、それを知る権利を患者は持っています。つまり、インフォームドコンセントを疎かにしている医師は危険であり、信用に足らないということになります。医師の腕がいくら良くても、信用が無くては治療はうまくいかないものです。

インフォームド・コンセントに力を入れている医師のもとで矯正歯科治療を受けるメリットは、治療に対する安心と信頼だと思っています。矯正歯科治療は医師だけで行うことはできませんし、当然ながら患者だけで行えるものではありません。患者が医師に対して信頼感を抱いていれば、医師の指示通りに治療に専念することができるものと思っています。 矯正歯科治療においてかかせない矯正装置の選択は、医師と患者との間で話し合った結果が大きく影響していきます。歯科医師は精密検査の結果から矯正学の知識、過去の臨床経験などを参考にして患者の症状に適合する矯正装置を選択してくれます。一方、患者は自身の生活スタイルに適合したものを選択することになります。つまり、この二人の間で十分なコンタクトが取れていなければ、患者にとって良質とする矯正治療は受けられないということになります。 インフォームド・コンセントは医師への信頼感を築く基礎となります。初めて来院される場合には必ずチェックしておきましょう。